【スポンサーリンク】

“ブロックキング” マヌート・ボル

2mクラスの大男がひしめくNBAだが、かつてその中でも一回り大きな体格を武器にした選手がいた。

それが、マヌート・ボルだ。

南スーダン出身のボルの身長は、何と231cm。

1985-86シーズン、ワシントン・ブレッツ(現ワシントン・ウィザーズ)でNBAデビューを果たしたボルは長身を活かし、ブロックを連発。

リーグ屈指のディフェンダーとして活躍する。

だが、オフェンスはお世辞にも長けているとはいえなかった。

時折3Pを決めるものの、フィジカルが弱いために当たり負けしてしまう。

ボールを持ったら何故かドリブルをつかず、股の間を通すボールハンドリングを見せていのが印象的だ。

ボルがブロック能力に長けていたのは数字にも表れている。

キャリア通算で1599得点を記録するも、ブロックショット数は通算得点を大きく上回る2086本をマーク。

さらに、出場時間1分で平均1.76ブロックという数字も叩き出した。

残念ながらNBAで目覚しい活躍をみせられなかったボルは、1994-1995シーズン途中で負った怪我がきっかけとなり、引退を表明。

引退後、スーダン難民を救うべくさまざまなチャリティ活動を行っていたが、2010年に病気で他界した。

ちなみに、シカゴ・ブルズで活躍しているルオル・デンは、ボルがエジプトでバスケットボール教室を経営していたときの教え子だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA