【スポンサーリンク】

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ

アンファニー・ハーダウェイ、通称ペニーは、記録より記憶に残るプレイヤーとして語り継がれている。

1993-94シーズン、オーランド・マジックでNBAデビューを果たしたペニーは、類希なるアシスト能力でルーキーシーズンから活躍。
身長201cmの大型ポイントガードは、マジック・ジョンソンの再来とも言われていた。
ファンをワクワクさせてくれる選手のひとりだったといえるだろう。

この年、ペニーはオールルーキー・ファーストチームに選出される。

ペニーは、1シーズン前にNBA入りしていたシャキール・オニールとともにマジックを牽引。
タッグを組んで2シーズン目、プレイオフ・セカンドラウンドでマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズに勝利したのは今も語り草となっている。

さらなる飛躍が期待されたペニー率いるマジックだが、翌年のプレイオフではシカゴ・ブルズに完敗。
このシーズンを最後にオニールはロサンゼルス・レイカーズへ移籍し、チームも徐々に下降線をたどっていくこととなる。

A・ハーダウェイ ハイライトムービー①

 

リーグを代表するポイントガードとして活躍していたペニーだが、キャリア後半は膝の怪我に悩まされる。

出場時間も徐々に制限され、2007年マイアミ・ヒートを最後にチャンピオンリングを獲得することなく現役を引退。
奇しくもオニールとチームメイトとなり、NBAから身を引くこととなった。

ペニーは日本でも人気を博した選手のひとりだ。
ナイキから“ペニー”モデルのバスケットシューズが発売されているが、いまだに高い人気を誇っている。

A・ハーダウェイ ハイライトムービー②
アンファニー・ハーダウェイ キャリアスタッツ
  • 平均15.2得点
  • 平均5.0アシスト
  • 平均4.5リバウンド
  • FG成功率45.8%
  • 3P成功率31.6%
  • オールルーキー・ファーストチーム(1993-94)
  • オールNBAファーストチーム(1994-95、1995-96)
  • アトランタオリンピック金メダル獲得

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA