【スポンサーリンク】

“ジャクソン・ジグル” マーク・ジャクソン

現在ゴールデンステイト・ウォリアーズのヘッドコーチを務めているマーク・ジャクソンは、かつてアシストマシーンとして知られていた。

ファンタジスタという形容がふさわしく、歴代3位となる10323アシストを記録。
NBAの歴史に名前を刻んだ選手のひとりだ。
※1位はジョン・ストックトンの15806本、2位はジェイソン・キッドの11578本

ポイントガードとしては珍しく、アウトサイドシュートを苦手としていた。
特に3Pシュートの精度は低く、キャリアスタッツはわずか33.2%。
現在指揮を執っているウォリアーズのステフェン・カリートは対照的だ。

歴代ポイントガードと比較するとスピード、アウトサイドシュートで劣っているように見えるが、類まれなるアシスト能力、ゲームメイキング能力が17年という長いキャリアの支えとなっていたのだろう。

M・ジャクソン ハイライトムービー①

 

M・ジャクソン ハイライトムービー②
マーク・ジャクソン キャリアスタッツ
  • 平均9.6得点
  • 平均8.0アシスト
  • 平均3.8リバウンド
  • FG成功率44.7%
  • 3P成功率33.2%
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー(1987-88)
  • オールルーキー・ファーストチーム(1987-88)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA