【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズvsポートランド・トレイルブレイザーズ 12月3日結果

インディアナ・ペイサーズvsポートランド・トレイルブレイザーズ 12月3日結果

日本時間12月3日に行われたインディアナ・ペイサーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦は、102-106でホームのブレイザーズが勝利した。

プレイオフさながらの激戦となったこの試合、両チームのエースが火花を散らす。
この試合で43得点、3スティールを記録したポール・ジョージを中心に、序盤はペイサーズがリード。

だが、第3Qに入るとラマーカス・オルドリッジとダミアン・リラードを中心にブレイザーズが反撃を開始。
第3Q終了時に72-72の同点に追いつくと、第4Q序盤にリラードの3Pでついに逆転。
その後もリラードとモー・ウィリアムスの得点で徐々にリードを広げるも、7点をリードしていたブレイザーズは残り2分56秒からジョージの猛攻を受ける。

残り10.4秒までに5本もの3Pショットをジョージに許し、リードは3点。

直後にファウルゲームを仕掛けられたが、ニコラス・バトゥームがフリースロー1本を落ち着いて沈め、粘るペイサーズを下した。

26得点、2ブロックショットを記録したリラードは、
「彼ら(ペイサーズ)はタフなチームだから、俺らもタフな気持ちで向かっていかなきゃいけなかったんだ。ペイサーズは良いチームだよ。この試合の前まで1敗しかしてなかったからね。でも俺たちも良いチームだし、今日はそれを証明したかったんだ」
とコメントしている。

一方、今季2敗目を喫したペイサーズだが、依然としてイースタン・カンファレンス単独首位と好調だ。

キャリアハイとなる43得点を挙げたジョージは、
「本当に勝ちたかったよ。意志を持って戦ったんだけどね」
と敗戦の悔しさをあらわしていた。

ちなみに、2000年以降ペイサーズで43得点以上を記録したのは、ジョージが4人目となる。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
インディアナ・ペイサーズ 23 23 26 30 102
ポートランド・トレイルブレイザーズ 20 25 27 34 106

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー

ポートランド・トレイルブレイザーズ スタッツ

先発メンバー
ペイサーズvsブレイザーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA