【スポンサーリンク】

チャウンシー・ビラップス 引退か現役続行か決断を迫られる

チャウンシー・ビラップス

デトロイト・ピストンズが37歳のベテランポイントガード、チャウンシー・ビラップスとの2014-15シーズンにおける契約を更新しないと発表した。

ピストンズをNBAタイトル獲得に導いたこともあるビラップスだが、度重なる怪我により、ここ3シーズンではわずか169試合の出場に終わっている。

現在のピストンズではブランドン・ジェニングスが先発ポイントガードを務め、バックアップにはウィル・バイナム、さらにはペイトン・シヴァを擁していることから、ビラップスには出場機会がほとんど与えられなかった。

ビラップス引退すると見られているが、本人はバスケットボールに関する仕事を続けたい様子。

ヘッドコーチとしての資質もあると思われるものの、ビラップスはフロントオフィスでの仕事を希望しているようだ。

過去にボストン・セルティックス、トロント・ラプターズ、デンバー・ナゲッツ、オーランド・マジック、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ニューヨーク・ニックス、ロサンゼルス・クリッパーズでプレイした経験があるビラップスだが、本人が現役続行を希望すれば、ベテランミニマムでの契約になるものの、スポット3Pシューターとして興味を持つチームが現れるかもしれない。

ロッカールームでも抜群のリーダーシップを発揮できる選手だけに、現役引退は惜しまれるところだ。

ビラップスは近いうちに引退か、それとも現役続行か決断を下すことになるだろう。

C・ビラップス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA