【スポンサーリンク】

マーチン・ゴータット シーズン後半からの不調は「個人的問題」

マーチン・ゴータット

アトランタ・ホークスとのプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第6戦の前夜、ワシントン・ウィザーズのマーチン・ゴータットは食中毒にかかり、試合には出場するも満足できるだけのパフォーマンスを見せることができなかった。

だが、ゴータットが今季苦しんだのは、これが初めてではなかったようだ。

ゴータットはオールスターブレイク後から個人的な問題に頭を悩ませていたという。ゴータットのコメントをwashingtonpost.comが伝えている。

 

「キャリア8年目は、個人的にかなりタフだった。シーズン中はいくつか問題を抱えてたんだ。それがバスケットボールに集中するのを邪魔した。俺は誰も非難なんてできないよ。個人的な問題だから、それについて話すつもりはない」

果たしてゴータットにどんな問題が降りかかったのだろうか?

ビジネスの失敗による金銭トラブルか、家族との関係悪化か。

昨年夏にウィザーズと5年6000万ドルのビッグ契約を結んだばかりであるため、プライベートの問題を解決し、来季を万全なメンタルで迎えてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA