ステフィン・カリー「チャールズ・バークレーは俺らを嫌ってる」

【スポンサーリンク】

昨季のゴールデンステイト・ウォリアーズはリーグ史上レギュラーシーズン最多勝をあげるも、ファイナルではクリーヴランド・キャバリアーズに逆転負けを喫してしまった。

このオフにはスーパースターのケビン・デュラントを新たに加え、“スーパーチーム”と呼ばれるようになったウォリアーズだが、レジェンドのチャールズ・バークレーはウォリアーズに対して厳しい考えを持っている。

そんな中、イベントに出席した昨季MVPのステフィン・カリーに、あるファンが「バークレーをどう思ってる?」という質問をぶつけた模様。

カリーはこの質問に次のように返答。thescore.comが伝えている。

「彼(バークレー)は俺らのことを嫌ってる。それって素晴らしいことだと思うんだ。良いことが起きるってことを意味してるからね」

一方、バークレーはウォリアーズの選手個人を嫌っているわけではないと主張し、こう話した。

「ケビン(・デュラント)はすべての劇的に変える。ただ、リバウンドが必要だし、ディフェンスもしないとね。それが鍵になるんじゃないかな」

「個人的な嫌悪じゃない。彼らには素晴らしい組織がある。ステフ、クレイ(・トンプソン)のことは大好きだよ。だけど、スモールボールが機能すると俺は思ってない。ファイナルで機能しなかったからね」

昨季中、バークレーはウォリアーズには連覇する力がないとし、プレイオフ敗退を予想していた。

結果的にバークレーの予想は的中したことになるが、来季のウォリアーズはバークレーの予想を覆すことができるだろうか?

2人のMVPプレイヤーを擁するウォリアーズには必然的に注目が集まるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA