ケビン・デュラント「ラッセル・ウェストブルックとの友人関係は終わらない」

【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントが昨年夏にオクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したことがきっかけとなり、デュラントとラッセル・ウェストブルックの関係には大きなひびが入ってしまった。

実際に両者が言葉を交わすことはなくなり、コート上でも激しいバトルを繰り広げたが、デュラントはウェストブルックを今でも大切な友人だと思っているようだ。デュラントのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺たちが友人であるのをやめたことはない。そう思ってる。ただ話さなくなっただけさ。俺たちが友人であるのをやめたことはない」

「話はしてないよ。だけど、問題があるとは思ってないよ。俺たちが友人であるのをやめたことはない」

デュラントはウェストブルックのMVP受賞を素直に祝福した。

関係改善を願っているようにも思えるデュラントの発言だが、ウェストブルックはどう思っているのだろうか。

いつの日か互いに笑いあう仲睦まじい様子を見たいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA