カーメロ・アンソニー 近日中にトレード成立か?

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーは、移籍先がヒューストン・ロケッツであればトレード拒否権を破棄すると噂されている。

一方、受け入れ先のロケッツはサラリーキャップの問題に直面しており、トレードでアンソニーを獲得するためにはまずその問題を解決しなければならない。

そのため、アンソニーのトレードはなかなか合意に至らずにいるが、ついに実現する日がやってくるようだ。

the New York Daily Newsによると、アンソニーのトレードは今後5日以内に合意に至る見込みだという。

なお、ロケッツ側はベテランシューターのライアン・アンダーソンを放出すると見られているが、3チーム間トレードになると予想されており、他のどのチームがこのトレードに関わるのか注目が集まる。

このトレードが実現すれば、ジェイムス・ハーデン、クリス・ポール、カーメロ・アンソニーのビッグ3が誕生。

このビッグ3は果たしてうまく機能するのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA