ケビン・デュラント「第4Qでベンチに下げられるプレイヤーにはなりたくなかった」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダー時代は主にスコアラーとして活躍していたケビン・デュラントだが、ゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍以降はスコアリングだけでなく、ディフェンスでも重要な役割を担っている。

デュラントのディフェンスは、なぜこれほどまで改善したのだろうか。

この問いを投げかけられたデュラントは、次のように返答。ESPNが伝えている。

「2012-13シーズンからスコアリング以外でゲームにインパクトをもたらす方法を見つけようとしてたんだ。ディフェンスが始まったのは、たぶんウォリアーズに来た2年前だと思う。信頼してもらいたかったし、ディフェンスに集中し始めたんだ」

「コーチたちやチームメイトたちに頼られたい。ディフェンスできないという理由で、コーチにそういう状況にある第4Qで自分を下げさせたくなかった。そういうプレイヤーにはなりたくなかった。そういうプレイヤーには絶対になりたくなかったんだ」

ウォリアーズではディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたドレイモンド・グリーンに次ぎ、ディフェンスの要となっているデュラント。

デュラントのディフェンスが改善し続ける限り、ウォリアーズの牙城を崩すのは簡単ではなさそうだ。

なお、昨季のデュラントはレギュラーシーズン62試合に出場し、平均33.4分のプレイで25.1得点、8.3リバウンド、4.8アシスト、1.1スティール、1.6ブロックショット、FG成功率53.7%、3P成功率37.5%を記録。

今季は12試合を終え、平均33.4分のプレイで23.8得点、7.3リバウンド、4.7アシスト、0.5スティール、2.3ブロックショット、FG成功率53.5%、3P成功率47.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA