ジョン・ウォール「助け合わないことは俺たちを殺すこと」

【スポンサーリンク】

ジョン・ウォールとブラッドリー・ビールというリーグを代表するバックコートを擁するワシントン・ウィザーズだが、今季は1勝4敗と厳しい出だしを強いられている。

若手中心に再建中のサクラメント・キングスにも敗れ、今後が危惧されるウィザーズ。

チームを牽引するウォールは、それぞれの姿勢に問題があると感じているようだ。ウォールのコメントをThe Washington Postが伝えている。

「論より証拠。みんながそれぞれのアジェンダに従ってる。チームとしてやってる時は、かすかな光を見せた。俺たちがどれくらい良くなれるか示した。そして、個人プレイに戻ってしまった。ほどんどはディフェンスにある。互いに助け合わないこと、チームリバウンディングがないことは、俺たちを殺すことなんだ」

ウォールによると、チームの全員が自己中心的なわけではなく、一部に当てはまるという。

昨季も似たようなことがあったウィザーズだが、この苦難を乗り越えることができるだろうか。

ウォールにはリーダーシップを発揮し、チームをプレイオフに導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA