【スポンサーリンク】

エネス・カンター「ポートランドが大好き」

シーズン中にポートランド・トレイルブレイザーズに加わったエネス・カンターは、チームのカンファレンスファイナル進出に大きく貢献した。

先発センターのユスフ・ナーキッチが負傷離脱して以降、ブレイザーズのインサイドの要となったカンター。

間もなくFAになり、新たな所属先を探すことになるが、ブレイザーズでの時間を大いに楽しんだようだ。

カンターはブレイザーズについて次のようにコメント。The Oklahomanが伝えている。

「ポートランドで起こったことを嬉しく思ってる。俺はポートランドが大好きだ。あの都市の人々が大好きだ。ファンのみんなのことが大好きだ。勝てるところに行きたい。ポートランドも無視できない。キャリア9年目に入る。自分にとって良い環境であるところに行きたいし、出場時間を求めるし、勝ちたいんだ」

カンターはこの夏に各都市を巡り、反いじめをテーマとしたキャンプを開催する。

すでに古巣オクラホマシティでのキャンプを終え、夏を通して32の州を訪れる予定だという。

「あらゆるNBAの都市を訪れる。彼らは俺たちを応援してくれてるし、俺たちに敵対もしてる。だけど、観戦に来てくれるし、NBAをサポートしてくれてる。彼らに恩返しすることはプレイヤーにとって大切なことだと思うんだ」

ニューヨーク・ニックスでは難しい時間を過ごしていただけに、移籍後は目の前が開かれた感覚になったことだろう。

まだ来季の所属先は決まっていないが、どのチームでプレイするとしても、ファンとチームのために全力を尽くすに違いない。

なお、ブレイザーズ移籍後のカンターはレギュラーシーズン23試合に出場し、平均22.3分のプレイで13.1得点、8.6リバウンド、1.4アシスト、FG成功率57.7%、フリースロー成功率73.5%を記録。

キャリア8年を通してユタ・ジャズ、オクラホマシティ・サンダー、ニックス、ブレイザーズでレギュラーシーズン通算583試合に出場し、平均22.2分のプレイで11.9得点、7.6リバウンド、0.8アシスト、FG成功率54.1%、フリースロー成功率78.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA