【スポンサーリンク】

NBAがペリカンズ対マブス戦の誤審を認める

NBAがペリカンズ対マブス戦の誤審を認める

NBAは日本時間1月12日のニューオーリンズ・ペリカンズ対ダラス・マーベリックス戦で誤審があったことを認めた。

問題となったシーンは、110-107でマブスがリードしていた第4Q終盤、ペリカンズのオースティン・リバースに対するモンテ・エリスのプレイだ。

同点の3Pを狙ったリバースに対し、エリスは腕を絡めて阻止。

一見、明らかなファウルのようだが、レフェリーはファウルはないと判定していた。

NBAは以下のように声明を発表している。

「試合後に映像で確認したが、モンテ・エリスのプレイにはファウルがコールされなければならなかった。リバースには残り0.6秒で3本のフリースローが与えられるべきだった」

だが、試合の結果が覆ることはない。

先日もケビン・ラブへのファウルがコールされないという問題があり、NBAは誤審を認めていた。

今後、レフェリーの裁定にも注目が集まりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA