【スポンサーリンク】

ウォリアーズの次期ヘッドコーチ候補は?

プレイオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズに敗れたゴールデンステイト・ウォリアーズだが、来季は誰がヘッドコーチとしてチームを率いることになるのだろうか?

ひとり選ぶとしたら、マーク・ジャクソン現HCだろう。

チームを今季51勝、1990年代以来となる2年連続プレイオフ進出に導いたジャクソンHCの貢献は大きい。

一方、コート外では問題を抱えている。

その問題とは、経営陣との確執だ。

この確執が深刻なものならば、来季はジャクソンHC以外の人物がヘッドコーチを務めているかもしれない。

ウォリアーズ次期HCとして名前が挙がっているのは、アイオワ州立大のフレッド・ホイバーグ、ニックスのHC就任が噂されているスティーブ・カー、そしてレイカーズのHC就任が噂されているスタン・バン・ガンディの3名。

カーはニックスのヘッドコーチ就任を拒否し、ウォリアーズのヘッドコーチに興味を示しているとも伝えられている。

一方、ウォリアーズの選手たちはジャクソンHCの続投を希望しており、経営陣が選手たちを優先させるなら続投の可能性もあるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA