【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド 契約をオプトアウトしFAへ

マイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドが契約をオプトアウトし、FAになると報じられた。

また、同時にウドニス・ハスレムがFAとなったことも伝えられている。

クリス・ボッシュも契約をオプトアウトしたと報じられたが、ボッシュのエージェントはまだ契約をオプトアウトしていないと話しているものの、契約のオプトアウトはほぼ確実のようだ。

3選手ともヒートを去ることができるが、再び“ビッグ3”を結成する可能性もある。

だが、レブロン・ジェイムスはMAX契約を希望しているとも噂されている模様。

NBA事情に詳しい情報筋は、次のように話している。

「ボッシュ、ウェイド、ハスレムはサラリー減給を受け入れるようだが、MVPに4度輝いているジェイムスはMAX契約、もしくはそれに近い契約を希望している」

ジェイムスはヒートと5年1億3000万ドルの契約を結ぶことができるが、そうなるとヒートのキャップスペースを圧迫することになるだろう。

また、MAX契約を結んだ場合、ボッシュの契約も気になるところだ。

なお、膝に問題を抱えているウェイドはサラリーダウンを受け入れる見込みと報じられている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あぶさん

    ウェイドまでも…
    これはヒート崩壊の可能性もある

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      逆に補強の可能性が高そうですね(^_^;
      個人的には全盛期のレブロンがサラリーダウンを受け入れるのはどうかなと思ってますが・・・

*

CAPTCHA