【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC ハック・ア・デアンドレについて「ゲームを悪くする」

試合終盤で接戦の状態が続いたとき、ロサンゼルス・クリッパーズはデアンドレ・ジョーダンのフリースローに悩まされることがある。

フリースローが苦手な選手にわざとファウルを仕掛ける、いわゆる“ハック・ア・○○”だが、クリッパーズのジョーダンが“ハック・ア・デアンドレ”の餌食となるケースが多く見られるのだ。

ドック・リバースHCは“ハック・ア・デアンドレ”を試合の一部であることを認めつつ、次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「あれは私にとって厳しい。私は古いタイプの人間。あれは試合を悪くするし、ファンも好きじゃないよ。でも、あれもゲームの一部なんだ。野球には敬遠目的のフォアボールがある。だけど、私はそうしたくないね」

“ハック・ア・○○”といえば、レジェンドのシャキール・オニールに対して故意にファウルを仕掛ける“ハック・ア・シャック”が有名だが、近年のNBAではジョーダンをはじめ、ドワイト・ハワードやアンドレ・ドラモンドも故意にファウルを仕掛けられている。

アダム・シルバーは今後数年間でさまざまな改革を行っていくと見られているが、“ハック・ア・○○”のルール改正にも着手するのだろうか?

なお、今季のジョーダンはフリースロー成功率40.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By てりー

    マイケル・ジョーダンの手のひらはダンカンよりもでかいです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ジョーダンとダンカンが例外ということで(笑)
      シャックとか指先でフリースロー打ってましたよね(^_^;)

  2. By kobe24

    これはもう仕方がない事ですよね(・ω・)ノ
    ハックされたくなかったら自身でフリースローの改善をするしかないでしょう(・ω・)ノそれにしてもフリースローが苦手なCは何故多いんですかね?(・ω・)ノ一説には手が大きいからボールのリリースがしずらいからなんて説もありますね(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      自分もテニスボールでフリースローを打つとなると入る気がしません(^_^;)

*

CAPTCHA