【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー「止めるのが最も難しいのはジェイムス・ハーデン」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、NBA有数のディフェンス力を誇るプレイヤーだ。

これまで多くのスーパースターたちにマッチアップし、タフなオフェンスを強いてきたバトラー。

そのバトラーが、現在のリーグにおいて止めるのが難しい5人をピックアップした模様。

バトラーによると、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムス、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービング、同じくネッツのケビン・デュラント、そしてヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンを止めるのは至難の業だという。

なかでも屈指のスコアリング能力を誇るハーデンを止めるのは、バトラーにもかなり難しいようだ。

バトラーは現在のリーグで最も止めるのが難しいプレイヤーとしてハーデンを挙げ、次のようにコメント。The Player’s Tribuneが伝えている。

「今のリーグで最も止められないプレイヤーを何人か挙げろと言われたら、人々は健康なKDとジェイムス(・ハーデン)のどちらかを選ぶと思う。俺に質問したら誰を選ぶか?ジェイムス・ハーデンだ」

「ステップバック。フローター。ユーロステップ。彼にはすごくたくさんのスキルがある。いつもタフショットを決めてくる。オフシーズンには片足シューティング、サイドステップ・・・新しいスキルを身につけたよね」

今季のハーデンはリーグトップとなる平均37.7得点を記録。

FG成功率45.3%、3P成功率38.0%とシュートの精度も高く、ディフェンダーにとっては悪夢のような存在とも言えるだろう。

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは先日、オールスターウィークエンドのイベントとして1on1トーナメントの開催を提案したというが、ハーデンとバトラー、またその他のスタープレイヤーたちとのバトルをぜひ見てみたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA