【スポンサーリンク】

トニー・アレン レイ・アレンに「ケビン・ガーネットは怒っていない」

トニー・アレン レイ・アレンに「ケビン・ガーネットは怒っていない」

ボストン・セルティックスでプレイしていたレイ・アレンのクリーブランド・キャバリアーズ移籍は、裏切り行為として捉えられていた。

当時のヒートはセルティックスのライバルチームであり、アレンはセルティックスの仲間たちに別れを告げることなくヒートへ移籍。

それをきっかけにケビン・ガーネット、ポール・ピアース、ラジョン・ロンドといった元チームメイトはアレンに怒りの目を向けていたというが、あれから時が経ち、当時の怒りはだいぶ収まったようだ。

セルティックスでチームメイトだったトニー・アレンによると、ガーネットのアレンに対する怒りはすでに収まっているという。アレンのコメントをNESNが伝えている。

「俺は双方の話を聞いた。彼(レイ・アレン)自ら(移籍を)知らせるべきだったと思っている男もいる。ただ、このビジネスがどれほど難しいか、俺たち全員分かっている。おそらく彼は彼らの目を見なかっただろう」

「俺はもう怒っていないよ。ケビン・ガーネットも怒っていない。俺はそう確信している。ただ、何回か集まらないといけないね」

ピアースはアレンに対し、すでにわだかまりはないことを明かしている。

一方のガーネットは先日、殿堂入りの祝賀会にアレンを招待するか否か質問された際、「(招待するか否かは)重要じゃない。俺のほうから敢えて頼むようなことはしない。俺がやることじゃない。もし独自で誰かがやりたいなら、問題ないよ。2008年のチーム、俺はあのチームの全員と繋がりがある。俺たちは永遠にブラザーさ。それ以上でもそれ以下でもない。レイも含めてね」と答えていた。

果たして彼らは完全に和解し、昔を共に懐かしめるようになるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA