【スポンサーリンク】

ジョージ・カール「レイ・アレンと和解したい」

1996年のドラフト5位指名でNBA入りしたレイ・アレンは、キャリア最初の6年半をミルウォーキー・バックスで過ごした。

だが、当時のヘッドコーチだったジョージ・カールがアンソニー・メイソンをチームに引き入れてから、バックスのロッカールームは混乱。

カールHCによると、当時からアレンとの関係が悪化し、今でも完全に修復できていないと感じているという。

カールHCは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「サム(・キャセール)とは今も良い関係を続けている。グレン(・ロビンソン)は物静かな男だから、彼がどう思っているかは分からなかった。レイは私がチームをダメにしたと思っているんじゃないかな。アンソニー・メイソンを連れてきたのは私だった。そして関係が悪化したと思う。すべてが厳しい状況だったんだ」

「私のリーダーシップが原因だったかもしれないし、対立もしていた。アンソニー・メイソンは彼に対し、彼のチームメイトたちに対し、そして私に対しても対立的だったし、対立しすぎたのかもしれない。それがたくさんのネガティブなエネルギーを産み出した。対処するのは難しかった。レイはあんなことを望んでいなかった。私が思うに、全員が過ちを犯してしまったんじゃないかな。つまり、我々は間違った話をしてしまっていたと思うんだ」

「もしレイが私に連絡してくれるなら、喜んで彼に会いたい。その逆も然り。ESPNで働いた時、レイとは何度か会った。知っての通り、我々は楽しく話をすることもあったし、親しくなかったわけではない」

「この状況を話し合うには、1日もしくは半日かかるだろう。ゴルフをしたり、ビールを飲んだりしながらね。5分で済むような話ではない。レイとはもっと一緒にいたかった。なぜなら、私がNBAにいた間でスペシャルな才能を持った数少ないプレイヤーのひとりだったからね」

アレンが2002-03シーズン中のトレードでシアトル・スーパーソニックスへ移籍すると、カールは同シーズン終了後に解雇された。

バックスでの初期は素晴らしい時間を送っていただけに、両者にはかつての関係を完全に取り戻してもらいたいところだ。

アレンにはケビン・ガーネットなどボストン・セルティックス時代の同僚との関係修復も期待されているが、この状況が落ち着いたらすべてを修復すべく動き出すことを願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA