【スポンサーリンク】

マーク・キューバンがシャックとバークレーのシーズン中止主張を受け「間違っている」

NBAレジェンドのシャキール・オニールとチャールズ・バークレーは先日、「今季は中止すべき」と主張した。

オニールは「再開したとしても優勝したチームにはアスタリスクがついてしまう。リスペクトを得られないだろう」と発言。

バークレーは「安全な状況ではない。あまりに危険だ」、「選手たちは2ヵ月もホテルに滞在したがらない」などとし、シーズン中止を訴えた。

一方、ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンは、シーズン再開に望みを持っている模様。

キューバンはオニールとバークレーの発言を受け、次のように反応。clutchpoints.comが伝えている。

彼らのことは大好きだよ。

ただ、彼らは間違っている。

みんなプレイしたがっている。

シーズンはまだ終わっていないんだ。

キューバンは先日、選手や関係やの安全が約束されていないのであればシーズンを再開すべきではないという見解を明かしていた。

 とはいえ、マブスのオーナーでありビジネスマンでもあるため、経済的ダメージを最小限に抑えるべく何かしらの策を練っていることだろう。

なお、NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、今後2~4週間以内にシーズンを再開するか否かの決断を下すことを発表した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA