【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセル「ウルブズは僕がいたい場所」

今年2月のトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズからミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍したディアンジェロ・ラッセルは、高校1年生の頃から2年以上同じ土地に住んだことがないという。

NBA入り後もロサンゼルス・レイカーズ、ブルックリン・ネッツ、ウォリアーズ、そしてウルブズを渡り歩き、引っ越しが続いているラッセル。

だが、ウルブズはラッセルのホームチームになるかもしれない。

ラッセルによると、ミネソタに到着するとすぐにウルブズの愛を感じたという。

ラッセルは当時を振り返り、次のようにコメント。RealGMが伝えている。

まだ子供だった頃から、こんなふうに、こんな規模で愛を示してもらえたことはなかった。

すぐに組織の愛をサポートを感じたよ。

「これはドキュメンタリーシリーズ化すべきだ」

そう思えるほどだったんだ。

僕はOKさ。

ここが僕のいたい場所だ。

ラッセルを歓迎するため、空港には何十人ものスタッフが到着を待っていたという。

ウルブズは親友カール・アンソニー・タウンズがいるチームでもあり、ラッセルとタウンズはウルブズの核となる働きが期待されている。

本格稼働は来季からになるだろうが、ミネソタをホームタウンとすべくウルブズを牽引するパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA