【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「優勝してマイケル・ジョーダンのように葉巻を吸う」

昨季MVPのヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックスは、現在リーグベストの成績を記録している。

今季のタイトル獲得最有力候補であることから、バックスはシーズン再開を切望していることだろう。

そんな中、アンテトクンポが優勝後にやりたいことを語った模様。

アンテトクンポは優勝後の願望について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

このような状況になる前、僕はチームの皆をギリシャのミコノス島に連れて行くと話していたんだ。

ミコノス島はギリシャで最高の島のひとつであり、パーティーアイランドさ。

大切な人は連れて行けないし、ひとりで行かないといけない。

男子の旅行だ。

サントリニ島もある。

サントリニ島は本当にロマンティック。

最高の夕焼けだし、世界最高の日の出だ。

そこには大切な人を連れて行くのさ。

去年は(エリック・)ブレッドソーとブルック(・ロペス)をミコノス島に連れて行った。

チームの全員を連れて行き、皆に素晴らしい体験を提供できなかったことは残念だった。

だから僕たちが優勝したら、トロフィーを抱き、MJ(マイケル・ジョーダン)のように葉巻を吸い、ミコノス島で楽しい時間を過ごすんだ。

まだシーズン再開は決定していないが、現時点では7月再開説が有力視されている。

中断期間が3カ月以上にも及ぶため、各チームに勢いはいったんリセットされるだろう。

だが、バックスにはミコノス島でのバカンスをひとつの目標とし、高いモチベーションで優勝へ向かって突き進むに違いない。

また、ファイナルが終える頃には世界が落ち着きを取り戻し、安心して旅行できる環境になっていることを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA