【スポンサーリンク】

ジェフ・バン・ガンディがシーズン再開後の恐怖について「過小評価している」

ジェフ・バン・ガンディがシーズン再開後の恐怖について「過小評価している」

NBAは現地7月31日からシーズンを再開する予定だ。

まだ詳細については詰めているところだが、徹底した環境の下で行われるのは間違いないだろう。

そんな中、ジェフ・バン・ガンディがシーズン再開のリスクについて言及した模様。

バン・ガンディによると、検査で陽性の反応が判明した選手が出た場合、シーズンの計画が急遽変更される可能性があるという。バン・ガンディのコメントをthescore.comが伝えている。

我々はあのシナリオの恐怖を過小評価していると思う。

チームの選手たちにとって、そのチームと対戦したチームの選手たちにとって、そのチームと対戦するであろうチームの選手たちにとって、その恐怖が予想以上になるのか、それとも予想以下になるのか、我々にはわからないんだ。

仮に陽性反応の選手が出た場合、NBAは該当選手を完全隔離し、個別に治療を受けさせるとしている。

だが、該当選手のチームメイトたちや対戦相手にも拡大する恐れがあるため、バン・ガンディの言うように計画変更が必要になるかもしれない。

そのあたりについても議論されていると思われるが、選手たちは通常とは異なるストレスを抱えながらプレイすることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA