【スポンサーリンク】

ラウリ・マルカネンの幻の逆転3ポイントはジャズのゲームクロック担当のミス?

ラウリ・マルカネンの幻の逆転3ポイントはジャズのゲームクロック担当のミス?

現地3日に行われたサクラメント・キングス対ユタ・ジャズ戦は、ラウリ・マルカネンのブザービーターによりジャズが逆転勝利を収めたように思えた。

だが、オフィシャルレビューの結果、マルカネンの手からボールがリリースされたのはゲームクロックが鳴ったコンマ1秒後だったと判定され、マルカネンの逆転弾は幻となってしまった。

だが、もしディアーロン・フォックスのレイアップが決まった後にすぐにゲームクロックがストップしていたら、ジャズが勝利していたかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ゲームクロックが止まったのはフォックスがレイアップを決めた0.2秒後だったという。

https://twitter.com/LawMurrayTheNU/status/1610499680722628611

人間がゲームクロックを操作している限り、この0.2秒に正確に対処するのは不可能だろう。

これによりジャズは5連敗。

一時はウェスタン・カンファレンス首位だった順位も、10位まで落ちてしまった。

果たしてジャズはここから立て直し、シーズン序盤のような強さを取り戻すことができるだろうか?

なお、ジャズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/5ヒューストン・ロケッツアウェイ
1/7シカゴ・ブルズアウェイ
1/8メンフィス・グリズリーズアウェイ
1/10クリーブランド・キャバリアーズホーム
1/13オーランド・マジックホーム
1/14フィラデルフィア・セブンティシクサーズホーム
1/16ミネソタ・ティンバーウルブズアウェイ
1/18ロサンゼルス・クリッパーズホーム
1/20ブルックリン・ネッツホーム
1/23シャーロット・ホーネッツホーム

【スポンサーリンク】

コメントを残す