【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「シュートフォームは調整していない」

ラッセル・ウェストブルック「シュートフォームは調整していない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAスター、ラッセル・ウェストブルックは、先日行われたフェニックス・サンズとのプレシーズンゲームで3P成功率50.0%(2/4)を記録した。

昨季3P成功率29.8%にとどまったことを踏まえると、まずまずの滑り出しと言えるだろう。

ウェストブルックはオフシーズン中にシュートフォームを調整したと報じられたため、多くのNBAファンはその成果が出始めたと感じたかもしれない。

だが、ウェストブルックによると、オフシーズン中にシュートフォームを調整することはなかったという。ウェストブルックのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

シューティングフォームは調整していないよ。

重要なのはショットの質さ。

悪いショットは撃たず、リムを攻めることを確認しているんだ。

プレシーズンでのウェストブルックを見る限り、指揮官のダービン・ハムHCが要求したようにスクリナーなどオフ・ザ・ボールの役割に徹することも少なくないように思える。

もしウェストブルックがさらにオールラウンダー化し、より効率的にスコアリングできるようになれば、昨季の評価は確実に覆るだろう。

厳しい批判を耐え抜いたウェストブルックが来季をリベンジのシーズンとすることを期待したいところだ。

なお、ウェストブルックのプレシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

SAC戦PHX戦
出場時間1521
得点512
リバウンド26
アシスト33
スティール00
ターンオーバー14
FG成功率66.7%
(2/3)
33.3%
(4/12)
3P成功率50.0%
(2/4)
フリースロー成功率100%
(1/1)
40.0%
(2/5)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA