【スポンサーリンク】

クリス・ポールと因縁のデマーカス・カズンズ「CP3はNBA史上トップ5ポイントガードではない」

クリス・ポールと因縁のデマーカス・カズンズ「CP3はNBA史上トップ5ポイントガードではない」

フェニックス・サンズのクリス・ポールは、NBA史上最も偉大なポイントガードのひとりだ。

ジョン・ストックトン、ジェイソン・キッドに次ぐNBAキャリア通算アシスト数を記録していることも、ポールが偉大なポイントガードのひとりであることを証明していると言えるだろう。

だが、ポールと数々のバトルを繰り広げたデマーカス・カズンズは、ポールを認めていないのかもしれない。

カズンズによると、ポールはNBA史上トップ5ポイントガードには入らないという。カズンズのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

トップ5ポイントガードのリストを耳にするたびに、クリス・ポールがそこにいる。

僕にはその理由がまったく分からない。

CPをけなすわけではないが、称賛とパフォーマンスの観点で考えると、クリス・ポールはトップ5に入らないと思う。

スティーブ・ナッシュを(トップ5ポイントガードリストに)入れなければならない。

ジョン・ストックトンを入れなければならない。

それと、(ラッセル・)ウェストブルックを入れなければならない。

彼はMVPだからね。

ポールはウェストブルックやステフィン・カリーとは異なり、MVPを受賞したことがない。

だが、所属チームをNBAプレイオフチームに変えた実績がある。

カズンズの意見に対しては賛否両論あるかもしれないが、ポールがNBA史上最も偉大なポイントガードトップ5に入るか否かは、ポールが現役を終えた後に再び議論されるだろう。

なお、NBAキャリア通算アシストランキングトップ30選手は以下の通りとなっている。

順位選手平均アシスト通算アシスト
1ジョン・ストックトン10.515806
2ジェイソン・キッド8.712091
3クリス・ポール9.111113
4スティーブ・ナッシュ8.510335
5マーク・ジャクソン8.010334
6レブロン・ジェイムス6.510174
7マジック・ジョンソン11.210141
8オスカー・ロバートソン9.59887
9アイザイア・トーマス9.39061
10ゲイリー・ペイトン6.78966
11ラッセル・ウェストブルック7.58805
12アンドレ・ミラー6.58524
13ロッド・ストリックランド7.37987
14ラジョン・ロンド7.97584
15モーリス・チークス6.77392
16レニー・ウィルケンズ6.77211
17テリー・ポーター5.67160
18ティム・ハーダウェイ8.27095
19トニー・パーカー5.67036
20ボブ・クージー7.56955
21ガイ・ロジャース7.86917
22デロン・ウィリアムス8.16819
23マグジー・ボーグス7.66726
24ケビン・ジョンソン9.16711
25カイル・ラウリー5.96635
26デレック・ハーパー5.56577
27ジェイムス・ハーデン10.86537
28ネイト・アーチボルド7.46476
29ステフォン・マーブリー7.66471
30ジョン・ルーカス7.06454

【スポンサーリンク】

コメントを残す