【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがシクサーズの元ゼネラルマネージャーに「クレイジーなGM」

ジョエル・エンビードがシクサーズの元ゼネラルマネージャーに「クレイジーなGM」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは昨季中のトレードでNBAオールスターのジェイムス・ハーデンを獲得すると、この夏は主力のほとんどを維持しつつPJ・タッカー、モントレズ・ハレル、ダニュエル・ハウスを加え、ロスターの強化に成功した。

ダリル・モレーがゼネラルマネージャーに就任して以降、シクサーズは確実にロスターを強化しているように思えるが、NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードもモレーGMの仕事ぶりに感銘を受けているのかもしれない。

エンビードはシクサーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がここに来て以降、GMたちは本当にスマートだった。

一人を除けばね。

クレイジーなことがすごくたくさんあった。

自分の選手たちについてツイートするクレイジーなGMがいた。

ツイッターでクレイジーに振る舞うGMがいた。

正気の沙汰ではなかった。

その間の僕は世界で最も不運だ選手だったに違いない。

ブライアン・コランジェロは2016年にシクサーズのゼネラルマネージャーに就任。

その後しばらくは素晴らしい成果を出したものの、2018年に裏アカウントを使ってエンビードなどシクサーズの選手たちを批判すると、コランジェロはその報道を否定したものの、約1週間後に辞任した。

エンビードがゼネラルマネージャーの名を出すことはなかったが、コランジェロであるのは確かだろう。

エンビードが今のフロントオフィスを信頼しているのは間違いない。

だが、NBAプレイオフで結果を残さなければフロントオフィスのメンバーが変わる可能性があるだけに、シクサーズにとって今季はここ数年で最も重要なシーズンになると言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA