【スポンサーリンク】

ジャマール・マレー「僕はゲームシェイプではない」

NBAがシーズン中断を発表してから4カ月が経過した。

チームの練習施設が閉鎖されて以降、選手たちは自宅でトレーニングを行い、コンディションを維持。

だが、個人練習にしか取り組めなかったため、シーズン中のようなコンディションを維持するのは難しかっただろう。

デンバー・ナゲッツのジャマール・マレーも難しいコンディショニングを余儀なくされ、今もゲームシェイプを取り戻していないという。マレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はゲームシェイプではない。

もしここにゲームシェイプの人間がいるなら、すべきではないことをしていたということだろう。

(オーランドでの過ごし方は)何か食べ物を食べる。

テレビゲームをする。

ネットフリックスを見る。

バスケットボールをプレイする。

寝る。

その繰り返しさ。

NBAはホテル生活を強いられる選手たちのストレスを緩和するため、DJブースや卓球、ビリヤードなどのエンターテインメントを提供するが、これらのエンターテインメントに健康上のリスクを感じ、部屋で過ごすという選手も少なくない。

ナゲッツはオーランド入りする直前に複数の選手に陽性反応が出たため、チームの練習施設を閉鎖した。

そのような経緯があるからこそ、マレーは管理を徹底して過ごすことを誓ったのだろう。

NBAシーズン再開まであと約2週間。

準備期間は短いが、少しでもゲームシェイプを取り戻し、万全の状態でシーズンを迎えてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA