【スポンサーリンク】

ジェリー・ウェスト「モンテ・エリスのトレードはステフィン・カリーのため」

ジェリー・ウェスト「モンテ・エリスのトレードはステフィン・カリーのため」

2005年のNBAドラフト全体40位指名でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したモンテ・エリスは、重要なスコアラーのひとりとしてチームを牽引する存在に成長した。

だが、ウォリアーズは2011-12シーズン中のトレードでエリスを放出。

エリスは平均20得点以上を記録するスコアラーに成長していただけに、エリスのトレードに驚いたファンも少なくなかっただろうが、当時ウォリアーズのフロントオフィスにいたジェリー・ウェストによると、エリスのトレードはステフィン・カリーの成長を促すためでもあったという。

ウェストは当時を振り返り、次のようにコメント。NBC Sportsが伝えている。

あのトレードがあったから、彼(カリー)がよりたくさんのことをできるようになったと思う。

彼がボールを持つようになったからね。

何かをうまくやれる選手がいるとして、その選手がボールを持っていない、もしくはその選手を称えるチームメイトがいない場合、彼のところまで到達するのは難しいだろう。

当時のモンテ・エリスは非常に人気がある選手だった。

彼をトレードしたことにより、(カリーの)能力が開花した。

より自信につながったと思う。

彼らは良いペアではないと私は思っていた。

ふたりとも素晴らしい選手だった。

本当に素晴らしい選手だった。

だが、私はステフのほうがまだまだ成長すると感じていたんだ。

そしてモンテが去り、君たちは今日のステフ・カリーを目撃しているのさ。

ウォリアーズはバックスとのトレードでエリス、クワミ・ブラウン、エクペ・ウドーを放出し、アンドリュー・ボガットとスティーブン・ジャクソンを獲得。

それから3年後、カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心としたウォリアーズはNBAチャンピオンに輝き、一時代を築くことになった。

なお、チームメイトとしてフルシーズンプレイした2年間におけるカリーとエリスのスタッツは以下の通りとなっている。

ステフィン・カリーモンテ・エリス
出場試合数154144
平均出場時間35.040.8
平均得点18.024.7
平均リバウンド4.23.7
平均アシスト5.9.5
平均スティール72.2
平均ターンオーバー3.03.4
FG成功率47.0%45.0%
3P成功率43.9%35.3%
フリースロー成功率91.1%77.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA