【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「主張したいことは主張しよう」

ポートランド・トレイルブレイザーズのベテランフォワード、カーメロ・アンソニーは、昨今の社会問題に積極的に関わり、改善へ向けて尽力している。

カイリー・アービングが主催したオンラインミーティングに参加した際、若手たちにもっとメッセージを発信する場を与えたいと語っていたアンソニー。

その姿勢はオーランド入りした今も変わっていないようだ。

アンソニーによると、自身と同じように皆がそれぞれの意見を主張すべきだという。アンソニーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕は本気で(社会問題と)戦っている。

何か主張したいことがあれば主張しよう。

僕はそうしてきたし、僕のプラットフォームを通して人々と議論し、特定の状況に対する気付きをもたらすことができるんだ。

また、人々を教育している。

僕たちは十分な教育を受けてこなかったが、今は教育を受けたいと思い始めているのさ。

(ジャージーの背面のメッセージには)2つを選んだ。

「Peace」と「Freedom」のどちらかだ。

他にも入れられたら良かったのだけどね。

ただ、僕にとって意味があるメッセージを入れたい。

僕が「Peace」を選んだ理由を話そう。

僕たちが本当に望んでいるのは自由だ。

そのために何年も戦ってきた。

今も戦っている。

自由のために戦い続けるだろう。

だからそのメッセージを伝え続けなければならないんだ。

アンソニーは、声をあげることができない人々のために自身のプラットフォームを通してメッセージを発信していくという。

先日、元NBAプレイヤーのドウェイ・ウェイド、オクラホマシティ・サンダーのクリス・ポールとチームを組み、貧困にあえぐ人々を支援することを目的とした「Social Change Fund」を設立したアンソニーは。

これからもさまざまな社会問題に取り組み、より平等な社会を実現すべくメッセージを発信していくだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA