【スポンサーリンク】

スコッティ・ピッペンがオーランドでのシーズンについて「NBAバスケットボールではない」

スコッティ・ピッペンがオーランドでのシーズンについて「NBAバスケットボールではない」

今季のNBAは例年とはまったく異なるシーズンとなった。

オーランドでのNBAゲームはファンを入れない無観客試合となるなど、難しい対処を迫られたシーズンだったと言えるだろう。

NBAはこれしかないという方法でシーズンを再開させたわけだが、NBAレジェンドのスコッティ・ピッペンはバブル内でのNBAゲームを気に入っていないようだ。

ピッペンによると、オーランドでのNBAゲームはピックアップゲームのようなものだという。ピッペンのコメントをbusinessinsider.comが伝えている。

正直に言うよ。

NBAバスケットボールではない。

遠征がない。

ファンがいない。

気が散るようなことがない。

私にとってはピックアップゲームのようなものだ。

なぜなら、スタンドにファンがいないからね。

だから気が散るようなことがない。

リアルのノイズがない。

選手たちに対するプレッシャーがない。

典型的な例を挙げるなら、(ラジョン・)ロンドだ。

ロンドはNBAキャリアを通して3Pをそれほど決めていない。

それが突然変わった。

バブルにいる彼は成功率50%の3Pシューターだ。

スタッツはチェックしていないがね。

バブルで覚醒したのはロンドだけではない。

デンバー・ナゲッツのジャマール・マレーやインディアナ・ペイサーズのTJ・ウォーレン、ブルックリン・ネッツのカリス・レバートもバブルで飛躍した選手と言えるだろう。

それがバブルという特殊な環境によるものかは分からないが、彼らにはこれをきっかけにさらなる飛躍を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ピッペンも老害っぽくなってきたな

*

CAPTCHA