【スポンサーリンク】

ダーク・ノビツキー「コービー・ブライアントからの勧誘は光栄だった」

ダーク・ノビツキー「コービー・ブライアントからの勧誘は光栄だった」

ダラス・マーベリックスで全NBAキャリアを過ごしたダーク・ノビツキーは、未来の殿堂入りプレイヤーだ。

そのノビツキーが、同じ時代を生きたコービー・ブライアントとのエピソードを明かした。

ノビツキーによると、マブスがNBAチャンピオンに輝いた後、ブライアントからレイカーズに移籍するよう勧誘されたという。

ノビツキーはブライアントからの勧誘を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ある年、コービー・ブライアントから連絡があったのを覚えている。

間違いなく光栄だったよ。

チャンピオンになり、4年契約が満了になった時だったと思う。

僕たちは話をし、メールでやりとりした。

だが、僕は彼にこう伝えたんだ。

「聞いてくれ。すまない。ダラスは僕の都市であり、僕のホームであり、他のユニフォームを着るのは変な感じがするんだ」とね。

彼は分かってくれたと思う。

こういったことがあったからか、それからの彼は僕をよりリスペクトしてくれたと思うよ。

ブライアントの勧誘は実らなかったが、レイカーズは2014年夏にもノビツキーに高額オファーを出したと噂されている。

だが、ノビツキーはレイカーズのオファーを断り、マブスと3年2500万ドルの契約を結んだ。

ブライアントもノビツキーと同じくレイカーズ一筋のNBAキャリアを送っていたため、ノビツキーのダラスに対する想いは容易に理解できたのだろう。

全NBAキャリアをひとつのチームで過ごしたノビツキーとブライアントは、永久に語り継がれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA