【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「セルティックス不振の一端を担っているのはダニー・エインジ」

チャールズ・バークレー「セルティックス不振の一端を担っているのはダニー・エインジ」

NBAオールスターのジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、ケンバ・ウォーカー擁するボストン・セルティックスには、NBAタイトル獲得の期待がかかっていた。

だが、今季は十分なパフォーマンスを見せることができず、現時点でイースタン・カンファレンス7位。

NBAプレイオフにストレートで進出できる可能性は消滅したため、NBAチャンピオンになるためにはまずプレイイントーナメントを勝ち抜かなければならない。

そんな中、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがセルティックスに言及した模様。

バークレーによると、セルティックスが成功できていない要因はゼネラルマネージャーのダニー・エインジとヘッドコーチのブラッド・スティーブンスにあるという。バークレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ダニー・エインジは僕の親友だ。

だが、彼はこれまでドラフト指名権を使って良い仕事をしていない。

カイリー・アービング獲得はミスだった。

ケンバ・ウォーカー獲得もミスだと思う。

あのチームはまったく良くないね。

考えてみてくれ。

ボストンはこれまでドラフト指名権を100個持っていた。

だが、ボストンは何もやっていない。

彼らの中には正しいマインドで考えている人間がひとりもいない。

ボストンはコンテンダーにさえなれていない。

僕が言っているように、人々は彼ら(フロントオフィス)を批判しなければならない。

ブラッド・スティーブンスも批判を浴びるべきだ。

彼らが勝っていた時、僕たちは彼を称賛していた。

今は彼のケツを叩かなければならない。

個人的な考えではなく、これがビジネスだ。

スコアラーのブラウンが怪我で全休してしまい、ますます厳しい戦いを強いられているセルティックス。

現在4連敗中とプレイイントーナメントに向けて不安を残しているセルティックスは、ここから勢いを取り戻すことができるだろうか?

もし結果を残せなかった場合、エインジGMの去就についても問われることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA