【スポンサーリンク】

NBAで最も嫌われているのはレイカーズ?

NBAで最も嫌われているのはレイカーズ?

ロサンゼルス・レイカーズはNBAで最も歴史あるチームのひとつだ。

だが、レブロン・ジェイムス、ラッセル・ウェストブルック、アンソニー・デイビスというNBAを代表するスター選手たちを擁しているにも関わらず、今季は期待外れのパフォーマンスにとどまっている。

それゆえにレイカーズを嫌うNBAファンは相当数いるのかもしれない。

bucketsによると、Twitter上での投稿を位置データに基づいて分析したところ、現在のNBAで最も嫌われているのはレイカーズという結果が出たという。

レイカーズに続いたのは、今季のNBAチャンピオン最有力候補であるブルックリン・ネッツ。

その他ゴールデンステイト・ウォリアーズ、シカゴ・ブルズ、ボストン・セルティックス、ニューヨーク・ニックスがランクインしている。

どのチームの昨季NBAプレイオフに進出し、かつ名門チームであるため、人気があるチームほどヘイターも多いということだろう。

もし今季のレイカーズが期待通りの成績を残していたとしたら、レイカーズを嫌う州はさらに増えていたに違いない。

とはいえ、レイカーズの選手たちにはNBAタイトルを狙える力を取り戻してもらいたいところだ。

それと同時に、bucketsにはNBAで最も好まれているチームについてもぜひ分析してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA