【スポンサーリンク】

アルビン・ジェントリーHC「バスケットボールには常識が必要」

アルビン・ジェントリーHC「バスケットボールには常識が必要」

サクラメント・キングスは現地4日にロサンゼルス・レイカーズと対戦し、8点差で敗れた。

キングスにも勝利のチャンスはあったものの、指揮官のアルビン・ジェントリーHCは試合最終盤のレフェリーのジャッジに激昂。

レイカーズのマリク・モンクが2本目のフリースローを外した後、ディアーロン・フォックスは時計を進めないためにボールに触らなかった。

だが、時計が動いてしまっていたため、フォックスは時計が進んでいることをレフェリーに指摘。

ジェントリーHCはその間にタイムアウトを請求したわけだが、どちらのチームのポゼッションにもなっていなかったため、レフェリーはジャンプボールの判定を下した。

https://youtu.be/YO_6AZVQT98

これはNBAのジャンプボールルールに則ったジャッジであり、何ら問題ないのだが、ジェントリーHCによると、ルールそのものがおかしいという。ジェントリーHCのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(レフェリーは)ルールをそのまま執行した。

もし何かを変えなければならないとしたら、ルールを変えるべきだ。

私はバスケットボールには常識が必要だと思っている。

我々はボールにタッチしなかった。

彼ら(オフィシャル)は時計を動かした。

我々は時計を進めなかった。

我々のミスではない。

我々は馬鹿なルールによって罰せられてしまったんだ。

ただ、オフィシャルにできることは何もない。

彼らは求められている仕事をしっかりこなした。

彼らはルールに則って仕事をした。

もし何かを変えなければならないなら、ルールを変えるべきだ。

ジャンプボールになった結果、キングスはポゼッションを失ってしまった。

最初にミスしたのはテーブルオフィシャルであり、キングスにとって到底受け入れられるようなジャッジではない。

ただ、今回の件は多くのNBAチームにとって気付きとなり、同じ過ちが起こることはないだろう。

とはいえ、スポットライトを浴びることになったこのルールにNBAがどう対処するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA