【スポンサーリンク】

ラバー・ボールが2億ドル以上のオファーでマイケル・ジョーダンに1on1でチャレンジ?

ラバー・ボールが2億ドル以上のオファーでマイケル・ジョーダンに1on1でチャレンジ?

ラバー・ボール家三男のラメロ・ボールは、先日のNBAドラフトでシャーロット・ホーネッツに指名された。

ラメロ・ボールはホーネッツを牽引するNBAスターへの成長が期待されているが、父ラバー・ボールはビジネスのチャンスを感じているのかもしれない。

ラメロ・ボールがホーネッツに入団したことにより、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンとボール家の間に繋がりが生まれたことになる。

ラバー・ボールはこれを受け、ジョーダンとの1on1をペイバービューで放映するため、2億ドル以上のオファーを望んでいるという。ラバー・ボールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

君たちが(ジョーダンとの1on1を)待ち望んでいるなら、ペイパービューに連絡してくれ。

なぜなら、僕とマイクは2億ドル以上でないとプレイしないからね。

50歳のマイク・タイソンのプレイを見たいなら、そういうことだ。

ラバー・ボールには長男ロンゾ・ボールがNBA入りする前、ジョーダンを挑発した過去がある。

ラバー・ボールは当時、「私が全盛期の頃なら、マイケル・ジョーダンを1on1で葬っただろう。私がジャンプフックを放つたびに彼はファウルする。1on1で私を止めることは彼にはできない。彼は私から離れた場所からだけショットを決めることができる。私はリムの下でスコアリングするがね」と言い放っていた。

この発言を受け、ジョーダンの盟友であるチャールズ・バークレーは「平均2得点の男は私に勝てない」とラバー・ボールを挑発。

だが、ラバー・ボールが引くことはなく、バークレーに対し、「彼は私と1on1をしたがっている。彼は私が平均2得点と言っているが、誰が気にするんだ?彼は私と1on1をしたくないのさ。なぜなら、彼は太りすぎだからね。TNTの後ろでドーナツでも食ってるべきなんだ」、「彼は1on1をしたがっていない。ただしゃべりたいだけ。私にプレッシャーをかけたいだけなのさ」と応戦していた。

ラバー・ボールが現在53歳であるのに対し、ジョーダンは57歳。

だが、ジョーダンは今もトレーニングを続けており、何よりジョーダンは”バスケットボールの神様”だ。

年齢ではラバー・ボールにアドバンテージがあるように思えるが、ジョーダンはラバー・ボールを瞬殺するだろう。

2億ドルは破格の金額ではあるものの、多くのファンはジョーダンとラバー・ボールの1on1が実現し、ジョーダンがラバー・ボールをボコボコにする様子を望んでいるかもしれない。

なお、ラバー・ボールのワシントン州立大学時代(1シーズン)のスタッツとジョーダンのノースカロライナ大学時代(3シーズン)のスタッツは以下の通りとなっている。

L・ボールM・ジョーダン
出場試合数26101
平均得点2.217.7
平均リバウンド2.35.0
平均アシスト1.01.8
平均スティール0.41.7
平均ブロックショット0.10.7
FG成功率40.4%54.0%
3P成功率0%44.7%
フリースロー成功率45.0%74.8%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    マイクタイソンで合ってるよ

  2. By 匿名

    マイクタイソン。

*

CAPTCHA