【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがラプターズとの第6戦前にしていたこととは?

ドック・リバースHCがラプターズとの第6戦前にしていたこととは?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズはトロント・ラプターズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第6戦を制し、カンファレンスセミファイナル進出を決めた。

ラプターズ相手に3勝0敗と王手をかけたにも関わらず、その後2連敗したシクサーズ。

だが、第6戦ではラプターズを圧倒し、ファーストラウンド突破を決めた。

指揮官のドック・リバースHCは、こうなることを確信していたのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、リバースHCはラプターズとのファーストラウンド第6戦を終えた後のインタビューで、第6戦の前にマイアミ・ヒートの試合を2時間チェックしていたことを明かしたという。

シクサーズがカンファレンスセミファイナルで対戦するのは、第1シードのヒートだ。

リバースHCによると、ラプターズとの第6戦の前にヒートを映像でチェックしたのはある意味ギャンブルだったいうが、もし第6戦を落としてたら相当な批判を浴びていたことだろう。

リバースHCは「第6戦を制することができればシクサーズはすぐに好転する」と考えていたことを明かしたものの、残念ながらNBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードが第6戦で眼窩骨折と軽い脳震盪を起こしてしまった。

ヒートとのカンファレンスセミファイナル第1戦に向け、リバースHCはエンビード抜きの戦略を必死に考えているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA