【スポンサーリンク】

デイビッド・グリフィン「ザイオン・ウィリアムソンとのマックス契約に自信を持っている」

2019年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンは、このオフシーズン中にニューオーリンズ・ペリカンズと延長契約を結ぶことができる。

ウィリアムソンには怪我の歴史があり、NBAキャリアを通してわずか85試合の出場にとどまっているため、「マックス契約には値しない」という声も少なくない。

だが、ペリカンズのバスケットボール・オペレーション部門代表のデイビッド・グリフィンは、ウィリアムソンの未来を信じているのかもしれない。

グリフィンによると、ウィリアムソンに5年1億8200万ドル以上のマックス契約をオファーするのは簡単な決断だという。グリフィンのコメントをThe Ringerが伝えている。

難しい決断ではない。

かなり簡単な決断だ。

彼はマックス契約の選手さ。

簡単だ。

プレイできる時の彼は良いプレイをしている。

スモールマーケットのチームにとって、怪我によって過ちを犯すことができないチームにとって、何かしらの方法で自分自身を証明することが重要だ。

ペリカンズはウィリアムソンにマックス契約をオファーするかもしれないが、ウィリアムソンの怪我の歴史を踏まえ、おそらく何かしらの条件を加えるだろう。

とはいえ、少なくともペリカンズ側がウィリアムソンにコミットしているのは間違いなさそうだ。

なお、グリフィンはウィリアムソンとの関係悪化が一時報じられたが、その件については「完全にナンセンス」と否定している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA