【スポンサーリンク】

レイカーズとネッツのトレード交渉が停滞?

レイカーズとネッツのトレード交渉が停滞?

ブルックリン・ネッツはNBAスターのカイリー・アービングをトレードで放出すると見られている。

アービングのトレード先最有力候補に挙がっているのは、レブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズ。

アービングもレイカーズに移籍し、ジェイムスとのデュオ再結成に関心を持っていると噂されているが、トレードの実現にはまだまだ時間がかかりそうだ。

RealGMによると、レイカーズとネッツのトレード交渉は現在膠着しているという。

アービングはフィラデルフィア・セブンティシクサーズとダラス・マーベリックスにも関心を持っていると噂されているが、シクサーズとマブスがアービング獲得に動く気配はない。

アービングに関心を持っているとされるNBAチームはレイカーズのみであり、ネッツが最大限の見返りを得たいのに対し、レイカーズはこの状況を利用してより有利なトレードを実現させたいところだろう。

ただし、ジェイムスの延長契約が鍵になると報じられている。

ジェイムスはこの夏にレイカーズと延長契約を結ぶことができるが、アービングとの再会を願っているジェイムスが延長契約の条件としてアービング獲得を要求する可能性もあるという。

もしそうなれば、レイカーズはネッツ側の要求を受け入れることになるだろう。

果たしてアービングとジェイムスはデュオを再結成することができるのだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    資産というよりは産廃w産廃同士を交換しても意味ないw

  2. By 匿名

    ネッツが借金取りで、レイカーズが金が借りた側みたいやな

    レイカーズに払える資産なんてラスしか無いぞ?

LEAVE A REPLY TO 匿名 CANCEL REPLY

*

CAPTCHA