【スポンサーリンク】

ボクシングにチャレンジのニック・ヤング「ネイト・ロビンソンの前例が常に頭にある」

ボクシングにチャレンジのニック・ヤング「ネイト・ロビンソンの前例が常に頭にある」

元NBA選手のニック・ヤングは、現地9月10日にロサンゼルス出身ラッパーのブルーフェイスとボクシングで対決する予定だ。

ヤングにとってボクシングデビューとなるわけだが、ボクシングにチャレンジした元NBA選手といえば、3度のスラムダンクコンテスト優勝を誇るネイト・ロビンソンだろう。

だが、ロビンソンはYouTuberのジェイク・ボールが繰り出した渾身の一振りに意識を失い、第2ラウンドでノックアウト負けを喫してしまった。

ヤングによると、ロビンソンの壮絶なノックアウト負けが常に頭にあり、リングに上がることに恐怖を感じているという。ヤングのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

(ロビンソンのKO負けが)常に頭にある。

彼は今も立ち直れていない。

この件について彼が何か語ることはもうない。

そのことが常に僕の頭にある。

笑い話しにはされたくない。

そんなことで知られたくないんだ。

人生を通してバスケットボールをプレイしたネイトが、今やノックアウトされた男として知られている。

知っての通り、人々は僕にジョークを言うのが大好き。

彼らは僕がネイトのようになると思っている。

だが、僕はそうならないように準備してきた。

うまくいけば、僕がトップに立つだろう。

ヤングによると、新しいチャレンジを求め、チャンスをものにできると強く信じることが重要だという。

ヤングが対戦するブルーフェイスは、約1年前にボクシングデビューし、人気TikTokerに勝利した。

一方、ヤングがボクシングリングに上がるのは初めてであり、経験ではブルーフェイスに分があると言えるだろう。

ただしサイズではヤングが上回っている。

果たしてボクシング初挑戦のヤングは12歳下のブルーフェイスをリングに沈め、華々しいデビューを飾ることができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA