【スポンサーリンク】

アキーム・オラジュワン「トラディッショナルなセンターにはなりたくなかった」

アキーム・オラジュワン「トラディッショナルなセンターにはなりたくなかった」

NBAレジェンドのアキーム・オラジュワンは、巧みなフットワークを武器にして相手を翻弄した偉大なビッグマンのひとりだ。

オラジュワンのドリームシェイクを学ぼうと、今もたくさんのNBA選手がオラジュワンの門戸を叩いているというが、オラジュワンはバスケットボールを始めた当初、インサイドだけでプレイする、いわゆるトラディッショナルなセンタープレイヤーにはなりたくなかったという。

オラジュワンはバスケットボールを始めた当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はトラディッショナルなセンターにはなりたくなかった。

本当に選択肢がなかったんだ。

センターがどのようなプレイをすべきなのか、誰も僕に教えてくれなかった。

18歳で初めてアメリカに来た時、僕はNBAの試合を見たことすらなかった。

1試合も見たことがなかったんだ。

ヒューストンの大学でプレイするためにナイジェリアから来た時、僕はNBA選手の名前を一人も知らなかった。

バスケットボールを手にして初めてショットを撃ったのは、その1年前だった。

17歳の時だ。

当時の僕のフットワークはサッカー選手のようだった。

結果的にはそれが幸いしたんじゃないかな。

つまり、先入観を持つことなくバスケットボールにアプローチできたのさ。

コーチに「センターのポジションをやれ」と言われたが、意味が分からなかった。

5つのポジションの名称は分かったが、センターとスモールフォワードの違いを説明することができなかったんだ。

大学に入学する前の夏、練習中にコーチに怒鳴られた。

「アキーム、センターのポジションでプレイしろ!キーから出るな!」とね。

僕はキーの中にいたくなかった。

ガードの選手たちのプレイを見て、彼らのクリエイティブなプレイに感銘を受けた。

キーは退屈だったんだ。

近年のNBAではビッグマンにもアウトサイドシュートが求められている。

また、レブロン・ジェイムスがNBAキャリアを通して1番から5番すべてのポジションをこなしたように、NBAゲームにおけるポジションレス化はますます進むだろう。

オラジュワンはその先駆者のひとりだったのかもしれない。

なお、オラジュワンのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数1238
平均出場時間35.7
平均得点21.8
平均リバウンド11.1
平均アシスト2.5
平均スティール1.7
平均ブロックショット3.1
平均ターンオーバー3.0
FG成功率51.2%
3P成功率20.2%
フリースロー成功率71.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA