【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「ベン・シモンズにチャンスをあげてくれ」

カイリー・アービング「ベン・シモンズにチャンスをあげてくれ」

ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツには、チームをNBAタイトル獲得に導く働きが期待されている。

だが、今季4試合を終えた時点で1勝3敗と、期待を裏切る成績にとどまっている。

特に積極的にスコアリングを狙っていないシモンズに批判が集中しているというが、アービングはその状況にうんざりしているのかもしれない。

アービングは試合後、シモンズのパフォーマンスについて質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

君たちは僕に「ベンはどうだ?」と質問し続けているよね?

彼は2年間プレイしていない。

彼にチャンスをあげてくれ。

僕たちは彼の味方だ。

君たちも彼をサポートしてくれ。

僕たちは彼にポジティブな影響を与えるためにここにいる。

彼にバスケさせるためにここにいるんだ。

アービングはミルウォーキー・バックス戦でシモンズにパスした時、「シュートしろ!」と叫んだ。

だが、シモンズはシュートではなく、デュラントへのパスを選択した。

ネッツと対戦するチームはシモンズがアウトサイドでボールを持ってもチェイスせず、そのぶんインサイドのディフェンスを固めている。

だが、もしシモンズがインサイドでも積極的にスコアリングを狙わないなら、他のチームはシモンズをほったらしにし、デュラントやアービング、他のシューターたちへのマークを強めるだろう。

チームメイトたちからの心強いサポートを得ているシモンズは、現地27日のダラス・マーベリックス戦でスコアリングもできることを証明したいところだ。

なお、シモンズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数4279
平均出場時間29.533.8
平均得点5.315.8
平均リバウンド5.88.0
平均アシスト7.57.7
平均スティール0.81.7
平均ターンオーバー3.33.4
FG成功率45.0%55.9%
3P成功率14.3%
フリースロー成功率33.3%59.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA