【スポンサーリンク】

ネイト・マクミランHCが辞任報道を受け「引退は誰もが考えること」

ネイト・マクミランHCが辞任報道を受け「引退は誰もが考えること」

アトランタ・ホークスを指揮するネイト・マクミランHCは現地12月30日、辞任を検討していると報じられた。

その後ホークスのCEOを務めるスティーブ・クーニンが「でっちあげ」などと反論。

一方、マクミランHCはシーズン中の辞任については否定したものの、今季終了後の去就については明言しなかった模様。

マクミランHCは辞任報道を受け、次のようにコメントしたという。hoopsrumors.comが伝えている。

その記事についてはざっと読んだよ。

その記者とは一度も話したことがない。

彼はここ2週間、組織の人間のコメントをソースとしていくつか記事を書いているよね。

聞いてくれ。

シーズンが終わる頃、僕はいつもやっていることをやるだろう。

シーズンが終わったら家族と話し、来季も継続する情熱があるかどうか確認する。

だが、シーズンが終わった時の話だ。

引退は誰もが考える。

だが、それはシーズンが終わってからだ。

我々はそのストーリーを過去のものとし、前に進む。

プレイオフレースの準備をしなければならない。

選手たちの健康を維持するように努め、プレイオフに向けて走らなければならない。

僕はこのチームをコーチングするためにここにいるし、(オーナーの)トニー(・)レスラーに何度も話している。

我々の目標はプレイオフに進出することであり、それに向かって努力しているんだ。

現時点でマクミランHCが自ら辞任を申し出る、もしくはホークス側がマクミランHCを解雇することはないだろう。

だが、フロントオフィスの改革を進めているホークスは、今季の結果次第でマクミランHCを解雇し、コーチ陣の改革にも着手する可能性があると報じられている。

いずれにせよ、マクミランHCはホークスをNBAプレイオフ進出に導くべく最善を尽くし、オフシーズン中に去就を決めることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す