【スポンサーリンク】

ジミー・バトラーがNBA屈指のディフェンダーに成長した理由とは?

ジミー・バトラーがNBA屈指のディフェンダーに成長した理由とは?

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、NBA屈指のディフェンス力を誇る選手だ。

現地28日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦ではNBAオールスターのレブロン・ジェイムスをはじめ、レイカーズの選手たちにタフなオフェンスを強いたバトラー。

バトラーがNBA屈指のディフェンダーになったのは、シカゴ・ブルズ時代の先輩の言葉があったからなのかもしれない。

バトラーはディフェンスについて質問されると、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕が若い頃にリチャード・ハミルトンが教えてくれたんだ。

なぜなら、僕のディフェンスは良くなかったからね。

誰も僕にパスしたがらなかった。

彼にはいつもこう言われていた。

「スコアリングしたいなら、ボールが欲しいなら、良いディフェンスをしろ。良いディフェンスをし、スティールし、レイアップにいけ。もしくはオフェンシブリバウンドを奪え。そうしない限り、誰も君にはパスしない」とね。

その言葉が今も僕の頭にあるんだ。

バトラーはレイカーズ戦で6スティールを記録。

バトラーが1試合3スティールを記録するのは、今季3度目だという。

今季は怪我による欠場を繰り返しているものの、バトラーが健康を維持することができればヒートのディフェンスはより一貫し、安定した戦いができるようになるに違いない。

なお、バトラーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数22712
平均出場時間34.833.2
平均得点22.017.8
平均リバウンド6.75.3
平均アシスト5.74.2
平均スティール2.01.6
平均ターンオーバー1.81.6
FG成功率53.4%
(キャリアハイ)
46.3%
3P成功率34.0%32.2%
フリースロー成功率82.6%84.1%

【スポンサーリンク】

コメントを残す