【スポンサーリンク】

ポール・ジョージが明かす高校時代のパトリック・ベバリーとは?「平均40得点だった」

メールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ポール・ジョージが明かす高校時代のパトリック・ベバリーとは?「平均40得点だった」

このオフシーズン中にフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍したパトリック・ベバリーは、NBA屈指のディフェンダーのひとりだ。

その一方で、オフェンス面についてはあまり評価されていない。

NBAキャリア序盤は平均二桁得点を記録したシーズンもあったが、2018-19シーズン以降は平均一桁得点にとどまっているため、NBA屈指のスコアラーとは言えないだろう。

しかし、高校時代のベバリーはスコアリングで相手を圧倒していたようだ。

NBAオールスターフォワードのポール・ジョージによると、ベバリーは高校時代に平均40得点を記録していたという。ジョージのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

知っているかい?

パット・ベブは高校時代に平均40得点だったんだ。

高校時代の彼はオフェンシブプレイヤーのようだった。

平均40得点だ。

僕の高校時代の平均得点より上だ。

彼はウィンドミルを決めたり、ロブをキャッチしたりしていた。

スコアリングマシーンだったんだ。

べバリーはロサンゼルス・レイカーズでプレイした昨季、レブロン・ジェイムスを驚かせるプットバックダンクを決めてみせた。

ジェイムスはNBAで生き残るため、プレイスタイルを常に進化させてきた。

ベバリーがNBA屈指のディフェンダーになったのは、ジェイムスのように、そこに生きる道があると感じていたからだったのかもしれない。

なお、ベバリーのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
G67593
MP27.127.4
PTS6.28.5
TRB3.74.2
AST2.93.4
STL0.91.1
TO0.91.2
FG%40.0%41.3%
3P%33.5%
(キャリアワースト)
37.3%
FT%72.3%75.4%

【スポンサーリンク】