【スポンサーリンク】

トリスタン・トンプソンが利き手をスイッチ

クリーヴランド・キャバリアーズのトリスタン・トンプソンが、リーグ3年目を控える今オフ、シューティングハンドを右手にスイッチする猛練習に取り組んでいる。

主にインサイドでプレイするトンプソンは、両手を器用に使いこなしていた。

フリースローやロングレンジショットでは左手で打つことが多いが、今後はこれらのシュートも右手で打つという。

カナダ代表としてもプレイしているトンプソンは、先日行われたジャマイカとのエキシビションマッチで、右手でのフリースローを披露。

ドライブインから左手で打つと見せかけ、右手で豪快なダンクを決めるなど、今オフに取り組んでいる猛練習の成果が出ているようだ。

T・トンプソン ハイライトムービー①

 

両手で同レベルのプレイができるということは、バスケットボールプレイヤーにとって必須だが、ロングレンジショットとなるとほとんどのプレイヤーが利き手で放っている。

最近ではダラス・マーベリックスのビンス・カーターが利き手とは逆の左手でショットを放つことがあるものの、そのほとんどがショートレンジ。

トンプソンが両手でのシュートをマスターすれば、NBAでも極めて稀な選手となり、プレイの幅も劇的に広がるだろう。

T・トンプソン ハイライトムービー②
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均11.7得点
  • 平均9.4リバウンド(リーグ13位)
  • 平均1.3アシスト
  • 平均0.87ブロック(同41位)
  • FG成功率48.8%(同38位)
  • FT成功率60.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA