インディアナ・ペイサーズvsマイアミ・ヒート 12月19日結果

【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズvsマイアミ・ヒート 12月19日結果

日本時間12月19日に行われたインディアナ・ペイサーズ対マイアミ・ヒート戦は、94-97でホームのヒートが勝利した。

イースタン・カンファレンス頂上対決となったこの試合では、ペイサーズが序盤にペースを握り、前半終了時に11点のリードを奪う。

だが、対ペイサーズ戦2連敗を喫するわけにはいかない王者ヒートが第3Qから反撃を開始。
第3Q終了時に5点差まで追い上げたヒートは、第4Qでも攻撃の手を緩めない。

ペイサーズに3点のリードを許していた第4Q残り1分30秒、レブロン・ジェイムスのパスを受けたクリス・ボッシュが3Pを沈め、ついに同点に追いつく。

直後にもレイ・アレンが3Pを決めると、デイビッド・ウェストのフリースロー2本で1点差まで追い上げられるが、残り10.3秒にアレンがフリースロー2本を落ち着いて沈める。

ラスト4.1秒、ポール・ジョージに入れば逆転となる3Pを放たれるも、これはリムに弾かれ、ヒートが辛くも逃げ切った。

この試合では、“キング”ジェイムスが珍しく感情あらわに。
レフェリーへの抗議、さらにはベンチでチームメイトのマリオ・チャルマーズと激しく言い合うなど、滅多にないシーンも見られた。

当のジェイムスは試合後、
「良い勝利だったよ。ホームでペイサーズのような強豪に勝てたし、内容も良かった。いろんなことを克服しなきゃいけなかったけどね」
と冷静にコメント。
チャルマーズには謝罪したことも明かしている。

また、ゲームハイの32得点、3スティールを記録したドウェイン・ウェイドは、
「俺たちがリーグトップのチームだってことを示せたんじゃないかな。どんなに点差をつけられてても、俺たちは勝利の可能性を常に感じることができるんだ」
と振り返った。

一方、イースト頂上対決に敗れ、2位のヒートに1ゲーム差まで迫られたペイサーズだが、不満が残る試合になったといえるだろう。

ジョージが最後に3Pを放った際、後ろからジェイムスに押されているようにも見えるが、このプレイがコールされることはなかった。

マイアミホームの利とも言うべきだろうか。

ジョージはこのプレイを振り返り、
「ショートモーションに入ったとき、後ろから押されたんだ。あれはファウルだろ。でもレフェリーはコールしてくれなかった」
とフラストレーションを爆発させていた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
インディアナ・ペイサーズ 26 26 24 18 94
マイアミ・ヒート 22 19 30 26 得点

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー

マイアミ・ヒート スタッツ

先発メンバー
ペイサーズvsヒート ハイライト動画

LジェイムスとM・チャルマーズの言い合いシーン

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA