チームから処分を科せられるJR・スミス

【スポンサーリンク】

JR・スミス

日本時間1月15日の対シャーロット・ボブキャッツ戦で、ニューヨーク・ニックスのJR・スミスには出場機会が与えられなかった。

その前日、14日の対フェニックス・サンズ戦では起用されたものの、オーバータイムでは45秒しか出場時間を与えられず、スミスの不満が爆発。

試合後にはマイク・ウッドソンHCを批判するコメントを出していた。
情報筋によると、スミスとウッドソンHCは試合後に激しく話し合ったという。

また、スミスは日本時間15日のチームミーティングに遅刻。

対ボブキャッツ戦で出場機会を与えられなかったのは、この2つの件に対する処分と見られている。

だが対ボブキャッツ戦後、スミスは処分に対しての不満を口にしている模様。

トレードの噂が挙がっているスミスだが、今後の言動に注目が集まりそうだ。

JR・スミス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA