【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「KDが優勝するのは俺が引退した後」

レブロン・ジェイムス&ケビン・デュラント

2013-14シーズンのNBAチャンピオン最有力候補にオクラホマシティ・サンダーを挙げる者も少なくない。

ラッセル・ウェストブルックを欠きながらも、今季リーグ最高の42勝12敗を記録しているサンダーが、NBAチャンピオンになる可能性は十分にある。

だが、チャンピオンリングの獲得には巨大なプレッシャーに打ち勝たなければならない。

現在のNBAでそれを最も良く知っているのは、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスだろう。

デュラントがプレッシャーに打ち勝ち、ラリー・オブライエン・トロフィーを獲得できるかと聞かれたジェイムスは、次のようにコメント。

「それは俺が引退してからだね。俺が引退したとき、まだそのことが議論になっているだろう。俺らが3つ目のチャンピオンリングを獲得できないと思うかい?」

自信たっぷりに話すジェイムスは、初めてヒートでタイトル獲得にチャレンジするとき、尋常ではないプレッシャーを感じていたという。

仮にデュラントがシーズンMVPを受賞したとしても、NBAタイトルを獲得できるとは限らない。

ジェイムスの言葉が真実なのかどうか、それはジェイムスとデュラントの戦いによって示されるだろう。

L・ジェイムスvsK・デュラント ハイライト動画

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By tuna

    こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています^^
    今回の記事ですが、少しだけ気になった点がありましたので、生意気ながらコメントさせていただきました。

    恐らく「Bleacher Report」のインタビューだと思うのですが(違っていたらすみません)、そこでインタビュアーがレブロンに問いかけた内容は、
    “デュラントがプレッシャーに打ち勝ち、優勝できるか?”ではなく、
    “「お前は優勝しなければならない」という周囲からのプレッシャーが、いつデュラントにシフトするか?”ということでした。

    この背景には、キャブス時代から過度の期待を背負わされ、NBA制覇に失敗するたび叩かれまくったレブロンの過去があります。
    つまり、「レブロンに向けられたような厳しいプレッシャーがデュラントに向くのはいつだと思うか?」という質問だと思います。

    これに対するレブロンの答えは、「僕が引退してからだ。だって今のところ、僕が3つ目を勝てるかどうか?が話題になってるだろ」というものでした。実際に現在のサンダーは優勝候補ですが、ヒート移籍当時のレブロンに向けられていた「勝って当たり前」のようなプレッシャーを、デュラントはまだ背負わされていません。

    さらにレブロンは「そういった周囲の声がデュラントに向けられないことを願うよ。彼があんな思いをするべきだとは思わない」と語っています。

    今回のレブロンのインタビューは、「俺がいる限りデュラントに優勝はない」的なエゴを表したものではなく(そういった意味合いもあるかもしれませんが…)、「NBA制覇が必須」というプレッシャーを背負わされることの辛さにフォーカスした内容だと感じました。

    長文失礼しました。これからも更新を楽しみにしています!!

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      最近レブロンの強気なコメントが見られるようになったので、私が先入観でうがった見方をしていたのかもしれません・・・

      ちなみに、私が参考にしているのはBleacher Reportではありませんでした(^_^;)
      おそらく私が参考にしてるブログがBleacher Reportを転載したのかもしれませんね(;_;)

      今後共よろしくお願いいたします!

  2. By The truth

    最近は昔のキングらしいコメが
    増えてきましたねww

    こーでないとおもしろくないです!

    またマイアミ•キャバリアーズに
    ならないといいですね^_^

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^O^)

      ですよね!やっぱりこんな発言してこそレブロンだと思います!
      何だかんだでやっぱりキングなので。
      マイアミ・キャバリアーズ・・・うまいこと言いますね(笑)

  3. By kobe24

    僕は今季はOKCかインディアナが優勝すると思ってます(・ω・)ノヒートは確かに圧倒的な試合も多いのですがモチベーションの低下も見られますし、何よりレブロンよりデュラントの方が今季はパフォーマンスレベルが上ですよね(・ω・)ノウェストブルックが復帰すればもっと強くなるでしょうし(・ω・)ノペイサーズはヒートの弱点であるインサイドの厚みが凄いですし、ジョージも去年より着々と成長してるのでヒートも倒せるでしょう(・ω・)ノ後、ヒートが嫌いなので3ピートをみたくないというのもあります(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)

      常勝軍団ヒートのことですから、後半で調整してくるんだと思います。
      スパーズもそうですしね。
      プレイオフは経験も大事ですもんね(^_^;)
      その点、まだヒートに分があるかなと思ってます(^-^)

*

CAPTCHA