【スポンサーリンク】

アンドレ・ミラー「ナゲッツは俺を悪者にして追い出した」

アンドレ・ミラー

今季からデンバー・ナゲッツのヘッドコーチを務めているブライアン・ショーHCは、ベテランポイントガードのアンドレ・ミラーをワシントン・ウィザーズへ放出した。

出場時間の減少に苛立ち、ショーHCとの間に軋轢が生まれていたというが、当のミラー本人はナゲッツに恨みを持っているようだ。

「俺があたかも悪者のように仕立てられたんだ。俺は出場時間が減ったことに不満を言っていただけ。そんなに大きな問題じゃないと思うんだけど。でも、彼ら(ナゲッツ)がこの件を大きくするもんだから、俺も動揺したよ。チームは組織を守るべきだけど、選手を攻撃しちゃいけないよね」

「俺はちゃんと練習をしてたし、試合でも正しいプレイをしてたつもりだよ。だから俺を責め立てないでほしい。チームのリーダーとして選手たちをサポートしてたしね。それが仕事だから」

「多くの人は、本当は何があったのか知るはずもない。ただ、(ナゲッツでは)チャンスを得られなかっただけ。もうこれくらいにしとくよ」

確かにナゲッツ内部で実際に何が起こっていたのか知る術はない。

ただ、エゴの少ないミラーのことだけに、よっぽどのことがあったのだろう。

ウィザーズに移籍したミラーは、ここ10試合で平均13.7分出場し、3.1得点、3.6アシストの活躍をみせている。

A・ミラー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA